湿式建材、工法
 

湿式建材リスト [戻る]
 

 
セルフレベリング(自己水平性)の
せっこう系床下地材

   
特徴

1.セルフレベリング性

セルフレベリング性(自己水平性)に富んでいますから、床に流し込み、簡単にならすだけで、精度の高い、平滑な床面が得られます。

2.プレミックスなので品質安定

プレミックスタイプなので、水を加えるだけでよく、安定した品質が得られます。

3.工期短縮

セルフレベリング性とプレミックスのため施工性に優れ、従来の床モルタルにくらべ約10倍の施工能率が得られます。

4.セメントと比較して収縮亀裂がない

せっこう系であるため、収縮クラックの心配がなく、下地とのすぐれた付着性を示します。このため雨打たれの補修・改修工事などにも最適です。

5.薄塗り仕上げ

下地付着力、耐衝撃性にすぐれていますので、下地の不陸精度によっては、5mm以上から任意の厚みに仕上げられます。

6.施工管理

施工能率にすぐれ、所定の時間で硬化しますので計画的な建築工程の達成と、施工管理の容易さが得られます。施工した翌朝には軽作業が可能です。

7.多様な仕上げ

張り物、塗り床、パーケット接着張りなど、どんな仕上材でも自由に選べます。

8.高強度

α型せっこうを主材として使用しています。


 
[戻る]
 
 

HOMEへ戻る
お問い合わせ [本社]
 〒604-8382 京都市中京区西ノ京北聖町3番地
 E-mail:info@takatori-web.co.jp